ふわふわと肌をさわるのがポイント

母の洗顔を見ていつも笑ってしまう私。

男らしく手に洗顔を取り、力任せにガンガン擦りほっぺやおでこや顎をごしごし洗っています。

水洗いもごしごし洗いで、おまけに最後のタオルでもごしごし拭き。

私が指導してもいっつもこの洗い方。

何十年やってきたこの洗い方を今さら変えられないんでしょうねぇ。

私は結婚の準備時にエステで洗顔の仕方を教わりました。

まずは洗顔ネットを使い泡立てます。

もくもくとスゴい量の泡になった所で油脂の気になる所から泡を置いて汚れを浮かせるように吸着させます。

決して擦らず力を入れず、肌をへこませずに泡を動かします。

言葉では難しいですが、泡でぽんぽんします。

そして顔全体の汚れをとったら、すぐに水洗いをします。

手で水をすくい、肌に刺激がいかないように顔を近づけてそっと水に触れさせてしとしとと流れるようにゆすぎます。

やさしく洗顔

 

湯温は熱すぎると乾燥するので、やはりぬるま湯がいいみたい。

それを10回ほど繰り返します。

特に髪の毛の生え際の洗い残しがないように全体をまんべんなくそーっと洗います。

タオルもそーっと水分を拭き取ります。

洗顔の基本は、全てそーっとフワフワとです。

そして一ヶ月で肌はみるみるキレイになりました。

私が使った後の泡で、洗顔してた美に目覚めた夫。

ビックリする事に私より肌がつるつるになり、結婚の時にはみんなに突っ込まれて幸せ肌やなぁと言われてました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です