バストアップと睡眠の関係

睡眠は健康には欠かす事ができません。この睡眠は健康だけでなくバストアップするためにも必要なのです。ここでは胸と睡眠の関係ついて解説します。

10・バストと睡眠

 女性の胸が大きくなりだすのは初潮を迎えて、女性ホルモンの働きが活発になりだす時です。また、睡眠の質や量は女性ホルモンや成長ホルモンの分泌にも影響を与えます。夜の22時から2時の間は、女性ホルモンと成長ホルモンが最も盛んに分泌する時間帯と言われています。特に思春期から25歳くらいまでの女性は女性ホルモンの分泌が活発な時期ですから、この時期に睡眠が取れていないと胸が大きくならないまま成長してしまいます。もちろん個人差はあるのですが、胸と睡眠は密接な関係にあります。

・睡眠時の姿勢が影響する

 眠る時の姿勢によってはバストを下に垂れさせたり、形も悪くしたりします。うつぶせの状態で眠ってしまうとバストを圧迫して形が崩れる原因になります。横向きで寝てしまうと胸が横に流れますから、バストにシワやたるみをつくります。

・睡眠中もバストを付ける

 寝る時の姿勢がバストの形を崩すと分かっても、睡眠中の姿勢を気を付けるのは至難の業です。そこで、ナイトブラをおすすめします。これは眠っている時の姿勢を考慮して作られたブラジャーです。バストの皮膚を上下左右からサポートして寝返りなどをうっても、胸が大きく動かないようなつくりになっています。バストは女性美の象徴ですから、グラマラスな胸を目指すなら睡眠はしっかりと取りましょう。

岡崎で人気の脱毛サロンを探しているなら
脱毛岡崎人気ランキング

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です