肌の乾燥はニキビ悪化の原因になりえる!

ニキビができる人の肌はどのようなイメージがありますか?おそらくほとんどの方が「オイリー肌」と答えるのではないでしょうか?そう、確かにニキビができるのは基本的にはオイリー肌の人です。ニキビはアクネ菌というニキビの原因の菌が増えることで起こりますからね。アクネ菌が大量発生するのは肌の皮脂が増えるからです。これはアクネ菌のエサであり、これがあるからアクネ菌が大量に沸くのです。そして菌が大量の増えた結果ニキビができます。つまりオイリー肌であり、皮脂が大量の分泌されている肌にアクネ菌は増えやすいのです。

ただオイリー肌を解消しようと肌を乾燥させようとするのはとんだ間違い。これをやってしまうと、肌は益々ニキビが増える恐れがあります。なぜなら肌が乾燥するとそれを防ごうとして体から勝手に皮脂が大量に分泌されるからです。そうすると結局はアクネ菌が沸いて、ニキビが増えてしまうのです。肌が乾燥するとおまけに肌のバリア機能が落ちますからね。更に肌荒れは加速する一方です。

ですからニキビ予防のためには保湿することも重要なのです。私は肌の保湿を意識するようになって、ニキビが少しずつ良くなって行きました。今まで保湿になんて気を付けていませんでしたが、気を付け出してからはニキビが減って行ったんです。肌のベタベタもだめですが、肌の乾燥もニキビにはよくありません。ニキビを予防するためには、きちんと肌をケアしてきちんと保湿してくださいね。

私はこのサイトを参考にしました。
胸ニキビが治らない時にオススメの【胸ニキビケアBEST3!!】